☆シロフクロウさんが、最近購入した中から、ジャンルにとらわれず掲載します☆
←掲載一覧集ページ/リンク付
←nextをクリックして、より古い紹介ページに進みます。


☆18=2005年12月5日=Pam Tillis/パム・ティリスの2005年発売DVD
タイトルは"Live at The Renaissance Center"=パムティリスのライブコンサートDVDですが、彼女の初DVDです


コンサートの場所はDickson, Tennessieにて、演奏者名も記しておきます。○リードギター/Darin Favorite○フィドル/Bethany Dick○ギター奏者/Mary Sue Englund。DVDそのものの出来は良くない。なにより音質が悪くて、本編以外のボーナストラックによるホームビデオ音声の方がクリアーな音なのだ。画質も2005年の最新映像だというのに、さほど良くない。4対3映像です。パム・ティリスの歌と演奏はどうか、というと、あれほどパンチの効いた歌を聞かせていたCDと違って、とてもおとなしくて、ステージでは控えめな印象です。このDVDがお薦めに値するかというと、微妙な判定となるのですが、なにせPam TillisのDVDは、これしか無いので、ファンは買うしか選択の余地がない。 ↓ DVDスクリーンショットです。マンドリン奏者のBethany Dickは綺麗な女性です。

↓DVDスクリーンショットをもう一枚。パムがTシャツから着替えた後の映像は、アンコールに応えてからのステージ。



☆17=2005年12月5日=Tanya Tucker/タニア・タッカーの2005年発売DVD
タイトルは"Live at Billy Bobbユs Texas"=タニアタッカーのライブコンサートDVDは初めて買いました。

最新のタニア・タッカーの姿が観られました。Fortworth, Texasで2005年4月30日のコンサートの模様を収めたもの。次のページに(☆15=2005年11月14日=Tanya Tucker/タニア・タッカーのビデオクリップ集)というDVDを紹介しているが、当時とは容貌が激変してしまい、ちょっと見ただけでは別人かと思うほどだ。あんなに良い女だったし、現在も50才に満たないのだが、すっかり中年太りとなってしまい、テキサスの牛と化した。ただし、歌の巧さは相変わらずで、圧倒的だ。音質は良いほうだが、コンサートものにありがちな、照明の悪さによる劣悪画質は残念。しかし、肝心のタニアの容姿が衰えてしまったので、これは気にならないかもしれない。良く見えると、かえって困るかもしれないから。 タニア・タッカーのステージは、相変わらずセンスの悪い衣装です、ちょっと品の悪いステージではあるが、ノリが良くて、彼女自身もステージを楽しんでいるのが解るし、見る側にもノリの良さが伝わってきます。もはやビジュアルに耐える容姿ではなくなったが、タニアが思う存分に歌いまくっている姿をDVDで見られるので、ファンには嬉しい買い物となろう。最近のタニアタッカーのCDやDVDの中で、歌唱に限って言えば最良のものでした。購入しても落胆はしないだろう。タニアに比べて10歳ほど年上のドリー・パートンは、流石の自己コントロールと思う。このDVDで見るタニアは、ドリーより20才ほど老けて見える。そういうことで、クリップ映像を掲載は控えました。上の画像右端にDVD付属写真を付けておきましたので、これだけにします。良い女だったころの姿は、15番目の紹介ページでどうぞ。
←nextをクリックして、より古い紹介ページに進みます。