Caroline Herringの2008年3月4日発売アルバムで、タイトルは【Lantana】。
紙ジャケットの、何の変哲もないジャケット写真が、中身の音楽を現しているようで、完全なるフォーク音楽。
Carolineの前回アルバムは、2003年だから5年も経っているのだけれど、彼女は何も変わっていません。
今回も、自分の世界を淡々と歌っておりまして、たぶん、このままのスタイルを貫いていくことだろう。
英語の歌詞を聞き取れる人は、なにかしらの変化を掴むかもしれないが、私のように音楽性だけで付き合っていると、
なにひとつ変わっていない。これがフォーク・シンガーというものです。


アルバムLantana試聴←CD通販サイト内のストリーミングページ行



Caroline Herringの最新アルバム2003年8月19日発売ものが、6月8日にようやく到着したので、
ようやくジャケット写真を掲載できました。
今、このCDを聞きながら Carolineの紹介を書いているのですが、
彼女の魅力は力まずに自分の世界を淡々と歌っているところにあります。
このへんがジャンル分けをすれば、フォーク・ソングということになるのです。

この最新アルバムは、下のデビューアルバムに比べるとブルーグラス色を抑えたバックになっていますので、
特にそう感じます。なにはともあれ、他の最新カントリーでは、高音質広帯域録音の極彩色歌唱を聞かされているので、
キャロラインの歌を聞くと、ホッとすることは確かです。fukuroo3はデビューアルバムが好み。


アルバムWellspring試聴←CD通販サイト内のストリーミングページ行


キャロライン・へリングについてプロフィールみたいなものを書いておきます。
たまにはどこかのCDレビューじみたことも書く(笑)
Carolineはミシシッピ出身で、修士号を取得したインテリ・シンガーソングライターです。
テキサス・オースティンで博士号を取ろうと勉強しているかたわら、オースティンのミュージックシーンで活躍するようになった。
この「トワイライト」が2001年のデビューアルバムです。2002年に結婚しています。
旦那さんの仕事か?勉学の為にワシントンに移り、現在はアトランタに在住しています。
彼女の歌はカントリー、ブルース、ゴスペル、フォーク、ブルーグラスがミックスされたもので、
詩情にあふれたバラードが持ち味。
このアルバムのバックはブルーグラスバンドが活躍していますが、控えめに彼女の歌を引き立てています。


アルバムTwilight試聴←CD通販サイト内のストリーミングページ行

このHPは個々のCD解説よりも、CD写真を通してカントリー音楽に関心を持っていただき、カントリーミュージックのファンを増やす目的で開設しました。興味を持たれた方は、ネット上のCD販売サイトを訪れて、ストリーミングで曲のサワリを聞いてからCDを購入してください。