2005年、Joy Lynn Whiteが帰ってきた!。1997年から8年も経っている。長い沈黙の後にようやく新譜を聞くことが出来た。懐かしいエレキギター・サウンドと共に、変わらぬ若々しい歌声を聞けて嬉しい!。私は彼女の個性的な声が好きなのです。このCDは、亡くなった肉親に捧げるというものらしいけれど、内実はともかく、このCDからはジョイ・リン・ホワイトのはじける歌声が存分に聞けました。楽器と違って、人の声はみんな、それぞれに違っていて、それゆえに価値があるのだけれども、Joy Lynn Whiteの声もまた、オリジナリティ豊かです。独特の歌い回しと共に、一聴してジョイの歌声と解ります。
アルバム One More-Time 試聴←CD通販サイト内のストリーミングページ行

Joy Lynn Whiteは、私の大好きな歌手で、拙い節回しに独特の魅力が有りました。声質や歌い方は、現在活躍しているデイキシー・チークスのリードボーカル=ナタリーに良く似ています。 私などは、デイキシーチークスが新しくリードボーカルを迎えるときに、ナタリーではなく、このジョイ・リン・ホワイトを使って欲しかったくらいです。

ジョイ・リン・ホワイトは3枚のCDリリースをしていて、1997年のアルバムを最後にリリースは途絶え、CD在庫が無い状態が続いています。
しかし、アメリカのカントリーミュージックというのは、我々日本人が考える以上に、人々の生活に根付いております。なにかの機会に再リリースされることがありますから、常にチェックを怠らないことです。fukuroo3は34年ほど前にFMラジオでたった一度聞いた歌を、オープンリールに録音して聞いておりました。 去年、その歌手のCDが1995年に再リリースされていて、買えるということを知り、アメリカ・アマゾンコムから買うことが出来ました。こういう事もあるのです。

ここに、写真を掲載していませんが、Lucky-Few というアルバムも良いで出来で、ストリーミング可能なので、下記リンク↓をしておきます。
アルバムLucky-Few試聴←CD通販サイト内のストリーミングページ行


このHPは個々のCD解説よりも、CD写真を通してカントリー音楽に関心を持っていただき、カントリーミュージックのファンを増やす目的で開設しました。興味を持たれた方は、ネット上のCD販売サイトを訪れて、ストリーミングで曲のサワリを聞いてからCDを購入してください。