Tift Merritttが真骨頂を発揮したアルバムを発売してくれました。タイトル【BUCKINGAM SOLO】。
個人的には、語りが入らないスタジオ録音が良いと思うが、これはライブアルバムです。

ティフト・メリッツ・Tift Merritt の新作はロック調から離れ、心癒される歌の数々で満たされており、
今回のアルバムは出色の出来映えで、聞き終わると幸福感が満ちる。

およそ、優れた歌手たるものは、小鳥がこの世に生まれて歌わずにには居られないように、
自分の内なる欲求に突き動かされ、
堪えきれずに声を出して想いのたけをこめて歌ってしまうように出来ているのだ。
それが魂の歌というものだろう。今回はバラード調の清々しい歌声で満たされている。一聴して欲しい。



2004年セカンドアルバムが届いたので、ファーストアルバムの写真と解説を下段に移動しました。
素敵な笑顔の写真が中に入っていましたので、下段右にも掲載しました。
Tift Merrittは、こんなに美人だったのね!驚いた!。

さて、今回の二枚目では、ファーストアルバムで(次のアルバムあたりでは脱皮して)と書いたとおりになりました。
しかし、その方向は私の予想と違いました。カントリー路線から完全脱却して、ギンギンのロックとなり、
唸るエレキギターとハードロックのバックにのせた歌唱となっています。
私としては Tift Merrittには、単なるロッカーになって欲しくなかった。
ロックなど、これほどの素質が無くてもやれる音楽なのだから、実に勿体ないと思う。

ファーストアルバムでの私の評で
「エバ・キャシディ以来、久々に出会った聴く者の魂を揺さぶる歌声となる可能性が見えた」
と書いているが、単なる可能性だけに終わったことになったのが、このアルバムである。
そうは言うものの、アルバム自体の出来が悪いということではない。
カントリーファンには相容れないかもしれないが、これはこれで、立派な出来となっていることは間違いない。

今回の歌い方は、83ページに紹介しているロック歌手のGarrison Starrに似た方向になったけれども、
力強い歌と歌唱力は完全にGarrisonを凌駕して実力を見せつけている。
流石に私が見込んだだけのことはあると思って聴いた。
三枚目にはどうなることやらと思うが、次のアルバムも当然買うことになろう。

アルバムTambourine試聴←CD通販サイト内のストリーミングページ行


左のモノクロ写真が、ファーストアルバムです。
Tift Merrittは、fukuroo3が現在、最も将来を楽しみにしている歌手です。
なぜならば久しぶりに出現した魂の歌を唄える歌手!という片鱗を見せたからです。
それはまだ、可能性の段階なのが惜しい!。
夭逝した天才歌手エバ・キャシディ以来、久々に出会った聴く者の魂を揺さぶる歌声となる可能性が見えた。
パソコンのストリーミング再生で歌声が出て5秒か10秒で購入を決めるほどの歌声には、滅多に出会えるものではない。
人の声は偉大だ。ただ、惜しむらくはエバ・キャシディほどの完成度は無くて、稚拙な部分が垣間見えるし、
曲による出来不出来の差が有るのが難点です。
しかし、ティフト・メリッツはまだ将来性が有る歌手ですから、次のアルバムあたりでは脱皮して、
真に人の心に訴えかけられる歌声を届けてくれるかもしれない。
fukuroo3は息をひそめて、次のアルバムを切望している1人です。多くのファンも、待っている筈だ。


アルバムBramble-Rose試聴←CD通販サイト内のストリーミングページ行
このHPは個々のCD解説よりも、CD写真を通してカントリー音楽に関心を持っていただき、カントリーミュージックのファンを増やす目的で開設しました。興味を持たれた方は、ネット上のCD販売サイトを訪れて、ストリーミングで曲のサワリを聞いてからCDを購入してください。