Lucy Kaplanskyは、暗い色調の絵を見るような気分にさせる歌を唄います。日本人はネクラ民族のようで、この手の歌手が好きな人は多いでしょう。 単に暗ければ良いというものでもなくて、fukuroo3がインターネットで試聴した上で買い求めたからには、あまたのネクラ歌手には無い魅力があったからです。 Lucy Kaplanskyを聞いていると、サルオガセが巻き付く古びた森で、カヌーに乗って沼地を進んでいくような景色が浮かびます。

アルバムEvery-Single-Day試聴←CD通販サイト内のストリーミングページ行
アルバムTen-Year-Night試聴←CD通販サイト内のストリーミングページ行

ルーシー・カプランスキーの人生がどうだったかは重要ではない。聞く人は彼女の歌に自分の人生を投影させ、己の人生を重ね合わせて聞くのだと思う。 人の人生はもいつも明るくはないのだし、いつもいつも抜けるような青空ばかりの人生ばかりではない。ルーシーの歌はオリジナリティ豊かであるが故に、これからも人々に愛好されていくだろう。
アルバムFlesh and Bone試聴←CD通販サイト内のストリーミングページ行

このHPは個々のCD解説よりも、CD写真を通してカントリー音楽に関心を持っていただき、カントリーミュージックのファンを増やす目的で開設しました。興味を持たれた方は、ネット上のCD販売サイトを訪れて、ストリーミングで曲のサワリを聞いてからCDを購入してください。