Leeann Womack/リーアンウォマックの2008年10月21日発売アルバムです。
全曲を通じて、心地良いシルキーヴォイスを堪能できるアルバムで、どなたにも楽しんでいただけると思う。

近年の女性カントリー歌手の中でも、新発売のアルバムをストーリーミング試聴することなく、
無条件で購入出来る歌手というのは、そんなに存在しない。だが、リーアンウォマックなら安心して買える。
カントリーミュージックというのは、本来、リビングでリラックスして聞くには、最適だと私は思っている。

ところが、近年は、やたらとロック調で騒がしく叫びまくる歌手が増えてきた。落ち着いて聞いておられん。
リーアンウォマックの歌なら、ソファに身体を沈めて、ゆったりと聞き惚れることが出来るというものだ。
仕事に疲れたお兄さんやオジサン達が、心優しき美女の歌声に癒されるというのは、実に良いものだ。

アルバムCall-Me-Crazy試聴←CD通販サイト内のストリーミングページ行

Leeann Womackもまた、声の美しさで際だつ歌手です。fukuroo3はこの手の美声歌手には全面降伏します。
前ページのスティーブン・シスターズがクリスタル・ヴォイスなら、こちらは透けた薄絹を思わせます。
僅かにハスキーな声質なのです。これが独特の印象を与える。sよってfukuroo3はシルキー・ヴォイスと名付けました。
リー・アン・ウォマックのシルキー・ヴォイスを喧伝したが、自分のウェブサイト以外では宣伝していない(笑)。

アルバムSomething-Worth-Leaving-Behind試聴←CD通販サイト内のストリーミングページ行
アルバム Some Things I Know試聴←CD通販サイト内のストリーミングページ行
Leeann Womackの全アルバム掲載ページ行←CD通販サイト内のストリーミングは各ページから

というわけで、リーアン・ウォマックの独特の歌声を愛好している人は、カントリー・ファンを中心に広がっています。
人の声というのは、どんな楽器にも勝ると思うのですが、様々な声質の女性ボーカリストを聞いていると、その思いを強くします。
fukuroo3は元々、モーツァルティアンで、聴く音楽の半分がクラシック音楽だったのですが、だんだん女性ボーカルに偏向気味となってきました。 オーディオをやっている者からすると、人の声を再生することは、とても興味深くもあり、やり甲斐のある課題でもあって、実に魅力的です。

2005年のリーアン・ウォマック新作が届きましたので、掲載します。これで彼女のCDを6枚購入しています。2005年以前の最近のアルバムは、 必ずしも良い出来とは言い難かったところもありました。クリスマスアルバムは悪くなかったのですけれどもね。 そして、今回の長ったらしいタイトルのアルバムは、カントリー・フレーバーが効いており、実に心地良く聞けるアルバムに仕上がっております。 私的には起死回生の一撃を放った!と快哉を叫びたい出来映えです。一部の歌手は年々悪くなる人もいたので、この度は実に喜ばしかった。

なお、リー・アン・ウォマックのアルバムの推薦は、ここにジャケット写真を掲載していませんが、以下の↓I Hope You Danceアルバムです。
アルバムI Hope You Dance試聴←CD通販サイト内のストリーミングページ行


このHPは個々のCD解説よりも、CD写真を通してカントリー音楽に関心を持っていただき、カントリーミュージックのファンを増やす目的で開設しました。興味を持たれた方は、ネット上のCD販売サイトを訪れて、ストリーミングで曲のサワリを聞いてからCDを購入してください。