The Steveens Sistersの登場です。いやぁ〜、嬉しいっ!!!バット・マーク3個付けても、なお足りんっ!。
この姉妹を紹介出来るということだけでも、ウェブサイトを開設した目的の何分の一かを達成したようなものだ。おお、浮かれていないで、解説じみたことも書かねばなるまい。Beth&April Stevensという名前で、最初のCDを出していますが、The Steveens Sistersとしては、この2002年リトル・バイ・リトルが最初となります。なによりの違いは、2002年ものはブルー・グラス・スタイルのアルバムとなっていることです。勿論最新アルバムがお薦めです。これは素晴らしい。 皆様、なにとぞ、このCDを買って下さいませ。 fukuroo3はカントリー&ウェスタンの女性歌手を愛好していますが、ブルーグラスも大好きです。ブルーグラス音楽は始祖ビル・モンロー以来、男性優位でした。カントリー全体がそうではありますけれどもね。ところが近年は、魅力的な女性ブルーグラッサーが出現するようになって、実に喜ばしい。

アルバムLittle by Little 試聴←CD通販サイト内のストリーミングページ行
アルバムBeth-April-Stevens試聴←CD通販サイト内のストリーミングページ行

こちらはファーストアルバムのBeth-April-Stevensです。アルパムとしての完成度は上記のセカンドアルバムが上だけれど、女性ブルーグラスファンならば、こちらのアルバムも手に入れておきたいところです。

掲載写真は、カントリー・ゴールドに出演したときのものです。右は、ステージ横で、笑顔でサインに応じているお二人です。
女性ブルーグラッサーというのはfukuroo3にとって二度美味しい!のですから、ザ・スティーブン・シスターズが大好きということになります。さて、およそ女性の美しさは、美貌は当然として、眼の美しさ、声の美しさ、という3要素が有るのですが、このうちヒトツでも該当すればコロッとまいりますね。 姉のBethも妹のAprilも、crystal voiceの持ち主なので、まさに have a good voice Sistersです。
この二人がハーモニーを効かせたブルーグラスを歌うのですから、至福はここに極まれりです。セカンド・アルバムをサポートしているDolly Partonも「彼女達って、いいでしょう!」というコメントを出していますが、同感です。

このHPは個々のCD解説よりも、CD写真を通してカントリー音楽に関心を持っていただき、カントリーミュージックのファンを増やす目的で開設しました。興味を持たれた方は、ネット上のCD販売サイトを訪れて、ストリーミングで曲のサワリを聞いてからCDを購入してください。