これは2001年発売アルバムです。Gail SwansonのCDは3枚見つかりますが、試聴が出来ないものや、在庫無しが多いです。
このLiving in a Movieアルバムでは、サンクス記事にウィリー・ネルソンの名前が出てきますから、
ゲイル・スワンソンもナッシュビル業界と繋がりのあるカントリー・シンガーということになるでしょう。
Gail SwansonはHawai=Mauiの観光地ラハイナで、チーズバーガー・イン・パラダイスという店で、
週に二回ほど歌っています。

ブルースっぽいカントリーを歌う歌手ですが、味のあるハスキーな歌唱を聞かせてくれますので、私の好きな歌手。
Maui島を訪れた方は、早めの夕食時にでも店を訪れると、ゲイル・スワンソンの歌が聞けるでしょう。
マウイ島のラハイナは、バニアンツリーが有ることで知られていますが、
その大木から歩いていける距離に、波打ち際に建つバーガー店があります。
ちなみにfukuroo3は、この店でGail Swanson御本人から手渡しでCDを買いました。
価格15ドルですが、20ドルを出して、5ドル分でリクエスト曲を一曲歌っていただきました。
私のリクエストは、 エヴァ・キャシディが歌って印象深かった「Fields of Gold」でした。
御本人の素顔は、可愛らしい感じの人らしいけれど、お店ではサングラスをかけており、お顔は不明でした。


2007年2月になって、ようやく念願のGail Swansonのアルバム【Standing on the Bridge】が買えました。
これは1996年のアルバムで、ものによっては1997年と印刷されているのもある。
2000年にも再発売されていたようだが、発売数が少ないせいか、売り切れるのだろう。
現に、2007年2月現在、CDベビイ通販では、どのアルバムも売り切れて、在庫は無い。
ゲイル・スワンソンは上の記事で私が出会いを書いたように、
ハワイのマウイ島に住んでいる歌手だし、ハワイのボヘミアン的な生活をしている人かもしれない。
このアルバムの特徴は、彼女自身が吹くフルートがフィーチュアされていることです。
多彩な楽器をこなす人なのかもしれませんが、やはり一番の魅力はその声質です。
ハスキーな歌声はとても魅力的で、時々、CD棚から取りだして聞きたくなります。


1996年のアルバム【Standing on the Bridge】行←アマゾンCD通販サイト内のストリーミングページ行
Standing on the Bridgeアルバム行←CD Baby通販サイト内のストリーミングページ行

このHPは個々のCD解説よりも、CD写真を通してカントリー音楽に関心を持っていただき、カントリーミュージックのファンを増やす目的で開設しました。興味を持たれた方は、ネット上のCD販売サイトを訪れて、ストリーミングで曲のサワリを聞いてからCDを購入してください。