2008年のクリスマス・アルバムとして発売。フェイス・ヒルが初めてリリースしたクリスマス・アルバムです。
このヒトツ前の、ベスト集アルバムの紹介で、私は以下↓のように書いている↓
「ハリウッド女優の、誰もが及ばないほどの美女なのに、カラー写真ではなくてモノクロだなんて、泣けてくる」
ところがっ!今回はドレスアップしたフェイス・ヒルの美女ぶりを満喫できます。ヤッホー×10回っ!


ジャケット内に写真がありましたので、もう一枚掲載します。豪華なバラの花一輪を思わせる、ブロンド美人です。
知らない人に、これは18才の新人デビューアルバムだと説明しても、信じて疑わないだろう。
この美女が三児の母だなんて!、これじゃ、若い娘達の立場はどうなるんだっ!と、私が娘達の代わりに怒っておくぞ。

音楽解説となると、これが説明に窮する。なんたって、オーケストラ付きで、大上段に振りかぶって歌っているが、
子供達のためのクリスマスアルバムとしては、出来が悪い。大人が聞くクリスマスアルバムとしてもイマイチである。
つまり、アルバム制作の企画段階で、既に失敗しているといえる。

「千の風になって」とかいう歌は、音楽通の間では大不評だったが、あんな感じというか・・。
学校の先生が、自作の駄作曲を、教え子達に無理矢理歌わせたのを、コーラス・コンクールで聞かされる感じというか、
聞いているうちに「なんで、通俗曲を大げさな歌い方で聞かなくてはナランのだ!」みたいな怒りが出ます。

そういう訳で、フェイス・ヒルの大ファンとしては、彼女に印税を支払うことに意義があったというか、
はたまた、美しい御姿のジャケット写真を、シゲシゲと眺めるために、ジャケット買いしたと自己満足に浸るというか、
ま・・エエわ・・、この際、なんだって許すぞ。フェイス・ヒル様は、天下の美女だもの。ひれ伏すしか無いのです。


Faith Hill/フェイス・ヒルの新しいアルバムが発売されなくなって久しい。これはシャナイア・トゥエインも同様だ。
この2007年アルバムは、いわゆるベスト物ではあるが、フェイス・ヒルのファンなら、買わなくてはならない。
最初の4曲は、通常アルバムには入っていない曲や、ライブでの録音ということが、その理由のひとつ。
もうひとつは、サービスで入っているDVDディスクの存在が大きい。11曲ものミュージックビデオが観られる。
画質はホームシアターで観たところでは、良いとは言えないが、普通のテレビなら問題はない。価格も12ドルと安い。

DVDディスクに収められた映像は、アメリカ在住の人なら、テレビで毎日、飽きるほど見られるミュージックビデオです。
私自身も、アメリカ旅行中にオープリー・ホテルの部屋のテレビで、毎日フェイス・ヒルが歌う姿を見ている。
4曲目のブリーズなど、ベッドで、ただ、寝ているだけなのに、これほどの美女ともなれば、ウットリと眺められる。
私は、オープリー・ホテルのベッドに寝ころんで、このミュージックビデオ【BREATHE】を満喫していたのだが、
つくづく、美人は得だ!と、思った。
十人並み以上の美人でも、有る程度、サマになるだろうが、世界で最も美しい女性の一人として認められたほどの美女が、
ベッドの中で全裸(と思われるような映像)で悶えるがごとく、うごめくのだから、まいりました!と降参するしかない。
これほどのブロンド美女が、マリリン・モンロー風に、シャネルの五番だけを身にまとっている御姿なんだもの・・。

なんだか、このCDの音楽解説をするのが、馬鹿馬鹿しくなってきましたな・・やれやれ。
とにかく、もし、まだフェイス・ヒルのCDを一枚も、買ったことがない人なら、これを買えば大満足することは請け合う。
フェイスの声質は、甲高いソプラノではないし、叫びまくっていることもないので、カントリー・ロック系としては、
気障りすることなく、多くの人々に受け入れられるだろう。歌も上手いし、安心して楽しめる女性ボーカリストです。

アルバムTHE HITS試聴←CD通販サイト内のストリーミングページ行

ジャケット内には、↑モノクロ写真↑ですけれども、沢山の写真がありましたので、まとめて掲載します。
ハリウッド女優の、誰もが及ばないほどの美女なのに、カラー写真ではなくて、モノクロだなんて・・泣けてくる・・
ま、いい・・、同封のDVDミュージックビデオで、フェイス・ヒルの麗しい御姿を眺めることに致します。

☆Faith Hillの最新アルバムが2005年8月2日に発売され、予約注文した新譜が14日に配達されたので、同日、ここに追加掲載します。
私にとっても、待ちに待って、待ちくたびれたCDアルバムです。
待たせられたファンにサービスなのか、57分の長時間収録に13曲が収められ、14トラック目のオマケには「PARIS」が入っている。
今回のアルバムで、歌唱力に格段の進歩が見られて喜ばしい。特筆すべきはバラードの味わい深さが増していることだ。
類希な美女の美声に託して、表情豊かに切々と歌いあげる歌唱に、心地良く耳を傾けることが出来る幸福感は、何物にも代え難い。
これで、曲がもっと良いものであれば、さらに良かったのだけれど、曲そのものは全てが良いものばかりではない。
また、今回はカントリー路線に戻ってきた感じがする。従来の特徴である、リズムにのったロック調の歌も多いので、
正調派カントリーアルバムではない。しかし、今や全世界に名前を知られたフェイス・ヒルだから、
もはやカントリーの出自であることは重要ではない。既に自己のスタイルを確立しているので、
これからのアルバムは良い新曲を獲得するとか、スタンダードなカントリーをアレンジしたものとか、
そこらへんに新境地を開拓して欲しいと切望する。
美貌歌手Faith Hill は可愛い三人娘の母親だし、カントリースターの旦那の面倒もみなくてはならないので、
歌手活動は思うに任せないだろうけれど、せめてCD製作だけは欠かすことなく、リリースを続けて欲しい。
そしてまた、出来れば美しい容姿をステージで見せて欲しいし、DVD収録も残して欲しいものだ。
東洋の片隅で暮らすフェイス・ヒルのファンとしては、DVD以外に美女が歌う姿を見ることが出来ないのだから。
アルバムFireflies試聴←CD通販サイト内のストリーミングページ行
全アルバム掲載ページ行←CD通販サイト内のページ行

○ フェイス・ヒルのアルバム=CRYを掲載します。これとても、2年も前で、近年はシングルが出ている程度です。
そのシングルでは、格段に歌が巧くなってきているので、なおさら次のアルバム・リリースが待ち遠しい。
なぜこうなっているかというと、彼女は3人の可愛い娘達のママなので、歌手活動が思うに任せないという事情があるのでしょう。
○Faith Hillの歌は、エネルギッシュなポップ・カントリーに属します。
CD売り場ではロック・ミュージックの棚に並んでいても、不思議ではありません。
男性と比べて、カントリー臭さが無いのは、女性歌手達の特徴ですが、
Faith Hill は出自はカントリーでも、その範疇から抜け出して、世界に羽ばたいています。

アルバム Cry 試聴←CD通販サイト内のストリーミングページ行

Faith Hill=フェイス・ヒルの綺麗なフォーマルドレス画像を、お〜ドリーさんが捜してくれましたので、
05年10月19日に写真入れ替えします。
☆こういうドレス姿を見ると、思い出されるのは映画・パールハーバーでの主題歌を歌うために、
アカデミー賞会場に現れたフェイスの美しさです。アカデミー会場入り口の赤絨毯に姿を現したフェイス・ヒルは、
レインボーカラーのドレスを身につけて、並み居る映画女優達の誰よりも美しかった。
授賞式パフォーマンスで歌った時は、地味な服装でしたけれども、フェイス・ヒルの晴れ姿は忘れられません。
なんて綺麗な女性なんだろう!!!
写真は掲載しませんが、Faith Hill のDVD=WHEN THE LIGHTS GO DOWN(リージョンコード1)で、
歌うスーパーモデルと言われるほどの美しさが堪能できます。他にもコンサート映像があるのだけれど、
まだ、DVDとして発売されていません。

シロフクロウさんがお薦めするFaith HillDVD映像ディスク←DVD通販サイト内の購入ページ行

このHPは個々のCD解説よりも、CD写真を通してカントリー音楽に関心を持っていただき、カントリーミュージックのファンを増やす目的で開設しました。興味を持たれた方は、ネット上のCD販売サイトを訪れて、ストリーミングで曲のサワリを聞いてからCDを購入してください。