Heather Mylesは、正にカントリー歌手そのものです。それはHeather Mylesのスタイルが、ホンキー・トンク・ミュージックのジャンルに入るからです。 古いジョン・フォードの映画を観た人は、酒場のピアノ弾きが、飛び跳ねるようなホンキー・トンク・ピアノを奏でているのを覚えているでしょう。 この手のホンキー・トンクは、近年では若い女性歌手も出現するようになりました。
勿論、ヘザー・マイルスは、それ以前から活躍している歌手です。なお、ホンキートンクの直訳は「安酒場」という意味合いです。

アルバムHighways-Honky-Tonks試聴←CD通販サイト内のストリーミングページ行

全アルバム紹介ページ行←CD通販サイト内のページ行

ヘザー・マイルスは大のオートバイ好きなのだそうで、上のジャケット写真のような大型オートバイに跨ってカッ飛ばすのが堪らない!と言っておりました。 このジャケット写真4枚を見ると、ヘザー・マイルスの小気味よいホンキー・トンクが聞こえてきそうな気がします。 fukuroo3にとりましてHeather Mylesの曲は、ドライブ・ミュージックとして使うと快感!であります。

Heather Mylesの2005年新譜が出ました。冴え渡るギターの音色はストリーミングでも聞き取れるほど鮮烈な音です。右側の裏ジャケット写真左下に録音年代が列記されています。1991年、1994年&2005年とあります。つまりこれはリマスタリングCDでもあります。とにかく圧倒的に派手な音で録音されているので、再生装置が変わってしまったような印象を受けるCDです。ヘザー・マイルスの歌のほうは、いくぶんゆったりした感じに仕上げてあり、いつもより押さえ気味のテンポです。それでもホンキー・トンクの女王とも言うべき、生きの良いヘザーの力強い歌は全編に溢れており、彼女のファンのみならず、カントリー・ファンなら大喜びするアルバムです。買いなさい!貴女も貴男も!
アルバム/Run&Rodeo←CD通販サイト内のストリーミングページ行

このHPは個々のCD解説よりも、CD写真を通してカントリー音楽に関心を持っていただき、カントリーミュージックのファンを増やす目的で開設しました。興味を持たれた方は、ネット上のCD販売サイトを訪れて、ストリーミングで曲のサワリを聞いてからCDを購入してください。