Shelby Lynne/シェルビー・リンを2008年4月になって紹介することになりました。
以前から何枚か買っているし、長いキャリアがある歌手ですから、20枚を越えるCDアルバムをリリースをしている。
妹のアリソン・ムーアが先に、私のメインページに掲載されたのは、声の魅力が有ったからだが、
お姉さんのシェルビー・リンの掲載をためらったのは、ひとえに、そういった個性的なアピール度が足りなかったから。

実際、1990年デビュー後も長期間、なかなかブレイクすることなく過ごしているのは、そういった要因かと思う。
2000年になって新人賞を獲得し、コンスタントにCDを出しているが、大きく売れたということは無い。
それでも、これだけ長くカントリー界に残っていられるのだから、歌唱力などの基本的な力は充分に有ります。

今回の2008年アルバムを掲載するにあたり、過去のアルバムも聞き直してみたが、昔の方が良かったような気もする。
新アルバムは「どうしても歌わねばならぬ!」というエモーショナルな情熱が欠けているようにも感じた。
ただ、カントリーミュージック本来の持ち味である、リラックスして耳を傾けるということには、充分に対応している。

2008年アルバムJust-Little-Lovinを試聴←CD通販サイト内のストリーミングページ行



上記2008年アルバムを掲載するにあたり、昔のアルバムを一枚だけ、掲載追加をしておきます。
こちらは1991年リリースアルバムです。昔も今も変わることなく、とても美人な歌手です。

シェルビー・リンの全アルバム掲載ページ行き←CD通販サイト内のストリーミングページには、各CDページに行って下さい。


このHPは個々のCD解説よりも、CD写真を通してカントリー音楽に関心を持っていただき、カントリーミュージックのファンを増やす目的で開設しました。
興味を持たれた方は、ネット上のCD販売サイトを訪れて、ストリーミングで曲のサワリを聞いてからCDを購入してください。