まず最初に、181ページ目の節目で、当countrymusic.jpサイトの編集方針を、再度書いておきます。
基本的に私のウェブサイトはレビューサイトではありません。ジャケット買い用のサイトかもしれない・・(^_^;)☆\(- - 。
女性歌手の写真掲載をメインコンテンツとした【グラビアサイト】なのです。
音楽は、言葉を連ねて説明するヒマがあったら、通販サイトの試聴ページや、音楽配信サイトで聞けば事足りる。
インターネット時代では、音楽を求める人々に、歌手名などの簡単な紹介を与えて、きっかけを作れば事足りる。
あまりに素晴らしい歌手とか、言わずにはいられない歌手の場合は、私も思うところを書き連ねたりすることもあるが、
その場合でも、一般的なCDレビューと、かけ離れた視点から、解説を付けているのは、皆様もご承知の通りです。

さて、歌手紹介に移ります。Kassie Depaiva/ケーシー・ディパイヴァの2007年発売最新アルバムです。
Kassie Depaivaのアルバムは、どれもジャケット買いをしてしまいそうな写真を使っています。
私のようなグラビアサイトでは、こういう作りのCDアルバムは大歓迎で、全ての女性歌手達には、
ぜひとも、表紙ジャケットに、美麗な顔写真を使っていただきたいものです。
美しい人はより美しく、美しく無い人も、それなりに気配りが行き届いた表紙ジャケットを使って欲しい。

2007年の最新アルバムは、下の2004年アルバムに比べると、ブルーグラス仕立てになっている曲が多い。
Kassie Depaivaは、どんな曲でも、そつなくこなすという歌手で、ミュージカル歌手的なところがある。
良い声をしているけれど、伸びやかではないし、さほど声に恵まれていないのだが、歌の巧さが際立つ。
そのために、少し、掲載を迷ったけれど、いつもの反省をしまして、あまり選定基準を高くするのは止めました。
やはり、容姿に恵まれているというのは、人気商売には有利ではあるし、さしたる欠点は無い歌手でもある。
それに、ミュージカル系統の歌手に劣るような実力しか無い歌手も、あまた居ることではあるし。

アルバムI Want to Love You試聴←CD通販サイト内のストリーミングページ行



Kassie Depaiva/ケーシー・ディパイヴァの2004年発売アルバム。No-Regrets-です。
思わずジャケット買いしそうな美人歌手ですから、きっと、顔写真を見て買った人は多いでしょうね。
このアルバムは、ケーシーが曲作りをする人達に曲の提供を呼びかけて、その中から選曲して歌っています。
そういうことで、さまざまなタイプの歌がまとまって収録されている感じを受けると思います。
ケーシーは巧い歌手なので、どの曲も自分なりにこなして、歌いきっております。
アルバムNO REGRELT試聴←CD通販サイト内のストリーミングページ行




ジャケット内写真を、ついでに掲載しておきます。
なお、この他に2001年発売のNakedというアルバムも有るので、試聴用リンクを張っておきます。
アルバムNaked試聴


このHPは個々のCD解説よりも、CD写真を通してカントリー音楽に関心を持っていただき、カントリーミュージックのファンを増やす目的で開設しました。
興味を持たれた方は、ネット上のCD販売サイトを訪れて、ストリーミングで曲のサワリを聞いてからCDを購入してください。