Jennifer Hanson/ジェニファー・ハンソンの2003年2月発売アルバムです。
歌の巧さも申し分ないし、オリジナリティも持ち合わせているので、安心してお薦めできる歌手です。
前半は、ロック調にも聞こえるけれど、Jennifer Hansonの歌自体は騒々しいわけではなく、落ち着いた感じの歌唱です。
タイトなバックで淡々と歌い込んでいるという趣のアルバムです。

6曲目あたりからは、バラードが続くが、これがとても心地良く聞けるので、このへんが好印象を持ちました。
カントリーファンも、そうではないかたも、楽しめるアルバムとなっています。
2002年にシングルの【Beautiful-Goodbye】も出ているので本アルバムとシングルと、2枚の試聴リンクを張っておく。

アルバムJennifer-Hanson試聴←CD通販サイト内のストリーミングページ行

シングルアルバムBeautiful-Goodbye試聴←CD通販サイト内のストリーミングページ行

ジャケット内に、掲載できる写真がありましたので、カラー2枚とモノクロ2枚をどうぞ。
なにせ、アルバムとしては一枚しか出ていないので、ページに余白が有りすぎるから掲載します。
いずれ、セカンドアルバムなどが出ましたら、下の写真は整理するかもしれません。

最後のモノクロ写真を見ると、かなりの美人に見えるけれど、ジャケット表紙写真はイマイチかと思った。
ここらへん、西洋人と日本人の感覚の違いだろうと思うので、欧米人には表紙写真の表情がウケるのだろう。





このHPは個々のCD解説よりも、CD写真を通してカントリー音楽に関心を持っていただき、カントリーミュージックのファンを増やす目的で開設しました。
興味を持たれた方は、ネット上のCD販売サイトを訪れて、ストリーミングで曲のサワリを聞いてからCDを購入してください。