ついにDonna Hughes/ドナ・ヒューズは、メジャーレーベルからのCDリリースを果たした。おめでとう!Donna 。
良かったね!。まだ、マイナーシーンに居たころから、ドナの価値を認めてきたシロフクロウとしては、こんな嬉しいことはない。
この新作CDをプロデュースしたトニー・ライスは、このアルバムをカテゴライズするような作品にはせず、
Donna Hughesの歌そのものを楽しめるように気を配ったようです。
そして、その方向性によって、素直な歌声を持ち味とする、ドナの魅力そのものを感じ取ることが出来ます。

ドナの歌は、昨今のアメリカンアイドルのように叫びたてることはなく、ひたすら穏やかな歌い方で、しっとりと聞かせます。
ここらへんは我々日本人にとって、とても心地良く聞けるので、多くの人を魅了することと思います。是非試聴してみてください。
本来は、ブルーグラス出身であるし、ここでもドブロギターがフィーチュアされたりして、ブルーグラス的なバックも有ります。
けれど、ここではトニーライスの指示により、ドナの弾くピアノが使われたりしておりまして、よりコンテンポラリー志向です。
アルバム全編にわたって、シンプルなフォーク歌唱が統一性をもたらしていると見ることも出来ます。

バックコーラスのサポートには、凄いメンバーが揃っています。メアリー・チェイン・カーペンター、ロンダ・ヴィンセント、
アリシァ・ナゲット、ソニア・アイザックなどです。


ドナ・ヒューズのCDアルバム全部←アメリカアマゾンの通販サイト内掲載ページ行
このアルバムGaining Wisdom行き←CD通販サイト・アマゾン内のストリーミングページ行


上の写真・左は新作【Gaining Wisdom】ジャケット内の写真です。右の四枚合成写真は、ドナのサイトからのものです。
Donna Hugheのサイトから、今回のCDリリースに際して、馳せ参じているアーティストの写真を捜し、またもや無断借用して、
Donna Hughesの宣伝に使わせてもらいました。上右はアリソンクラウス。
下左はこのCDをプロデュースしたトニー・ライス。右下は名手カール・ジャクソンです。
本当に沢山の有名アーティストが、ドナのために駆けつけて、このCDを世に出していることが解ります。
ドナのお父さんは彼女を応援してやまなかったけれど、このメジャーレーベルCD発売を見ることなく亡くなられたという。残念なことだった。

CD自体とは無関係だが、ついでにアメリカ・アマゾン通販にクレームを言いたい。
この【Gaining Wisdom】は2007年2月27日発売ですが、私の海外購入は、ショッピングカートに10枚以上CDが溜まってから買う。
そのために、注文するまでに日数がかかり、3月末に注文したが、配達されたのは一昨日の2007年4月19日のことだった。
アメリカ・アマゾン通販は、なんて対応が遅いのだろう。発送連絡が4月5日だから、その日から数えても二週間もかかっている。
以前の出来事だが、私のCDがアメリカからドイツに送られ、地球をぐるっと一回りしてから、日本に到着したことがあった。
今回も、ずいぶん待たされたので、地球を何周しているのだろうと思ったものだ。



Donna Hughes/ドナ・ヒューズはシンガーソングライターにして、ブルーグラス歌手として確固とした地位を持っています。
明るくてカラリとした歌声は、ブルーグラスを歌うに相応しくて、とても心地良く聞けます。Same Old Me は2003年発売アルバムです。
自信を持って推薦できるフィメールブルーグラッサーですから、是非試聴してみてください。
ただ、メインなところでは買いにくいので、下記にリンクしたcountysales.comなどで購入したほうが、確実に買えると思います。
ジャケット写真では、可愛らしい感じの女性で、笑顔も素敵な方です。
彼女のウェブサイトを訪れると、名ギタリストのトニー・ライスとのセッション風景も見られ、カントリーシーンで活躍している女性歌手です。
当然ながら、有名アーティストとの交流もあります。
このCDは、初めて利用したcountysales.comという通販サイトから買いました。
ここはストリーミングは出来なかったけれど、購入費用は安かった。
★ドナ・ヒューズの アルバム購入ページ行
★アルバムSame Old Me行←CDベビィサイト内のストリーミングページ行

アマゾンのページに、ジャケット写真が違うけれど、同じタイトルCDの試聴ページがありましたので下記リンクしておきます。
★アマゾンサイト・アルバムのSame Old Me行き

こちらは2001年発売アルバムの【Somewhere in Time】でファーストアルバムです。
上のアルバムは68分という長時間録音ですが、こちらは46分で、ドナのオリジナル曲9曲が収められています。



2枚のアルバムの中に入っている写真も、ここに掲載しておきます。経年変化で変色している感じの、汚れた写真ばかりなのですが、
これしか無かったので、どうしょうもない。



アルバムの写真は表紙も中身も変色しているし、どこにも綺麗な写真が無い。なんとか、良い写真でドナを応援してあげたいと思いました。
なので、彼女のサイトから写真を無断拝借して掲載することにしました。いつも思うけれど、女性歌手達はジャケット写真に無頓着すぎる。
表紙をアーティスティックに汚くしてもいいから、せめてジャケット内部には、綺麗な写真を使ってくれ!。
この写真では、素敵な可愛らしい姿が見られます。


このHPは個々のCD解説よりも、CD写真を通してカントリー音楽に関心を持っていただき、カントリーミュージックのファンを増やす目的で開設しました。興味を持たれた方は、ネット上のCD販売サイトを訪れて、ストリーミングで曲のサワリを聞いてからCDを購入してください。