Chelsee Oaks/チェルシー・オークスは、現代女性カントリー歌手の典型的な歌い方をしています。
そして、あまりにも沢山の歌手が、この系統に属するので、その中から一頭抜きんでるのは、オリジナリティの点で不利となります。中には、ビジュアル系アイドル路線も、当然ながら有るのですが、私のメインサイトに掲載するのは、ちょっと、ためらわれる女性歌手も見受けられる。
そういう若い女性カントリー歌手が沢山居る中で、Chelseeが掲載に至ったのは、平均点以上を稼いだということです。
ここで、私が言うところの、典型的な女性カントリー歌手の傾向という要素に関して、簡単に述べておきます。

既に人気歌手となって久しいシャナイア・トゥエインやフェイス・ヒルが、溌剌としたパワフルな歌唱スタイルで、カントリー音楽界を席巻した後で、触発された若い女の子達が、次々にこのスタイルを真似て、自分の歌に取り入れました。
それは、女性カントリー歌手の全盛時代を迎えるきっかけになったし、悪いことではないのだが、反面、若い歌手が背伸びしてヒネた歌い方をしていると、感じられないこともない。
151ページ目にメラニーを取り上げているが、そこで【屈託のない素直な歌い方も好感度が高く、可愛らしい。女性ボーカルの楽しみ方として、女性の可愛らしさを愛でるということも、要素としてある】
という評を書いていますが、こちらのチェルシーは、メラニーと比べて、同じ可愛らしさでも要素が違う好一対であるという事も出来ます。そしてまた、こういう二系統とは別に、我が道を行くフォーク系カントリー歌手とか、伝統のブルーグラスを基調にした女性歌手とか、沢山の音楽スタイルが存在しています。今はまさに【女性カントリー歌手百花繚乱】の体を成しているのです。シロフクロウさんのような女性歌手好きにとりましては、これは、まことに喜ばしいことです。
Chelsee Oaks/チェルシー・オークス・アルバム←ストリーミングページ行



チェルシー・オークスのジャケット内に、十七才のチェルシーの可愛らしさを満喫できる出来る写真がありましたので、掲載しておきます。こういう写真を使ってくれれば、グラビアサイトを標榜する私のような者にとって、ありがたくも嬉しいことです。長々と細かい文字で英文解説を載せてくれても、老眼の私にはよく見えないし、第一、ネット上と違って、機械翻訳さえ出来ないのですから。その子の可愛らしさを一枚の写真で表現してくれたほうが、一目瞭然の解説となります。

このHPは個々のCD解説よりも、CD写真を通してカントリー音楽に関心を持っていただき、カントリーミュージックのファンを増やす目的で開設しました。興味を持たれた方は、ネット上のCD販売サイトを訪れて、ストリーミングで曲のサワリを聞いてからCDを購入してください。