Jamie O'Nealの2005年3月1日発売セカンドアルバム=Braveです。2000年のファーストアルバム=Shiverに続くアルバム。 英語が解る人は、ジェイミーの波乱に満ちた略歴が興味深いと思うので、彼女のオフィシャルサイトを訪れてください。 以下に少しだけ紹介しておきます。 オーストラリアのシドニー生まれで、両親はプロのミュージシャン。二歳でハワイに移住、7才でラスベガスに移り。8才でラスベガスのステージ立っていた。二歳下のサマンサと共に、アメリカ中をツアーして回るという思春期を過ごしている。 ジェイミーがそうやって、両親と共に全米を廻っているときに出会った中で、最も素晴らしかったのはドリー・パートンであった。Dolly Partonは子供にとても優しかったし、人間として尊敬できる人でもあった。何よりミュージシャンとして素晴らしかった。と、Dolly Partonについて語っている。 私がJamie O'Nealを聞いた感想は、フェイス・ヒルを彷彿とさせるものがあった。と書けば彼女の歌の特徴が解っていただけると思う。 美人歌手は、みんな、こういう歌い方をするように出来ているのかね?などと、思ったりするのです。しかし、Jamie は作詞作曲でナッシュビルに進出した人であり、容姿を売り物にして売り出したわけではない。そして、ファーストアルバム=ShiverはJamieの渾身の作であった。よって、先のアルバム評価が、今度のアルバムよりも評価が高い。なにはともあれ、このセピア色のジャケット写真では、ジェイミーの恵まれた容姿が解りにくいのだが、長いプラチナブロンドの髪を持つ美女で、素晴らしい肢体にも恵まれている。そして今、ナッシュビルは美人歌手不足なのだ。私としては、これからのJamie O'Nealの順調な活躍を期待しています。 アメリカアマゾンコムCD通販サイト内のストリーミングページ行き

ジャケット内の写真を掲載するついでに、アメリカ滞在中に「ナッシュビルの美人不足」という事を感じたので一筆書きます。 オーストラリア出身というと、素晴らしい美人歌手で歌も上手いシェリーオースチンを思い出すのだが、カントリーの本場、アメリカには美人がいないから、ということなのか?。肥満大国アメリカには、もはや新人美女はいないのかっ!とも思う。確かに、私が半月のアメリカ滞在中にCMTテレビに登場する女性カントリー歌手には、新人の美人歌手が出演していなかった。こましゃくれ顔のミランダ・ランバートが司会進行役を務めたりして目立っていましたけれども。テレビのビデオクリップで見られる人気美人歌手はというと、相変わらずフェイスヒル一人だけでした。フェイスの新譜からの「ミシシッピーガール」や、旦那のティムとのデュエット曲「ライク・ウィ・ネバー・ラブド・アット・オール」のビデオクリップが、美人を眺めてウットリ出来る唯一のクリップでした。そしてフェイスのビデオは、3年以上前の古い「ブリーズ」までもが、いまだに放映されている有様なのだ。フェイスには男女を問わない固定ファン層がいて、今やスーパースター並みだということでしょう。余談になるが、ナッシュビルからのバスツアーで有名歌手の邸宅を訪ねるツアーというのに参加したけれど、スーパースターになると、ストーカーみたいな人が自宅近くをうろつくので、警察がパトロールしている。フェイスも世界的に知られているので、パトロールの対象になっているらしい。よって、ツアーバスはフェイスの家には行かなかった。既に彼女は住んでいないが、以前はここに住んでいた・・という昔の家を見せてくれただけだった。
有名カントリー歌手であっても、カントリー歌手の範疇に入っているうちは、変な人間が家の近くをうろつくということは無いらしい。カントリーファンは、ロックファンとは違って誠実だし、みんな大人しいから、という説明でした。
それにしても、今のナッシュビル音楽界では美人不足が深刻のようだ。テレビ局に寄せられるリクエストの多寡によって、放映されるビデオクリップが決まるのだろうが、フェイスのブリーズなど、白いベッドの中で、長い髪を拡げて寝ているだけの映像なのだ。でも、手と足しか見えないものの、全裸で寝ているように思えるし、なにせ天下の美女ですから、静かに寝ているだけで絵になります。起きて良し寝ても良し、という訳で、見惚れてしまうことは確かだった。よって、未だにフェイス・ヒルのファンから、古いビデオクリップのリクエストが有るということなのだろう。



2000年のファーストアルバム・Shiverがこちらです。2007年1月4日にこのCDが再発売されていました。
以前から所有していましたが、再発売ニュースを見るまで、掲載忘れに気付かなかった。
沢山のCDがありますので、掲載漏れしてしていても、気付かないことがあります。
再発売されたということは、ジェイミーが順調にキャリアを伸ばしているという証明なので、喜ばしいことです。
アメリカアマゾンコムCD通販サイト内のストリーミングページ行き


このHPは個々のCD解説よりも、CD写真を通してカントリー音楽に関心を持っていただき、カントリーミュージックのファンを増やす目的で開設しました。興味を持たれた方は、ネット上のCD販売サイトを訪れて、ストリーミングで曲のサワリを聞いてからCDを購入してください。