インディーズ系の通販サイト、CD Babyから購入。122ページに続いて、フィメールブルーグラスを紹介します。 Chrystal Sawyer/クリスタル・ソーヤーは、正統派ブルーグラスを聞かせます。若い頃のアリソン・クラウスを彷彿とさせるハイ・ロンサム唱法(本来は男声高音歌唱法を言う)が聞けるのですが、アリソンほど洗練されてはおらず、伝統的なブルーグラスの香りを残しているといえます。そこがまた、Chrystal Sawyer の魅力でもあるのです。是非一聴あれかし!。
さて、CD本来の解説を少しはずれますが、今回のCD Baby通販では、インディーズ系の女性歌手でも、特にブルーグラスをやっている人達を選別して買い求めております。一応、ストリーミングをしてから購入しておりますが、ここに紹介するほどの出来ではないものも有ります。なので、ここに掲載しているということは、二回の関門を突破しているCDなのです。勿論、私、fukuroo3の独断と偏見によって選出されている訳ですが、それなりの出来の良さがないと、このメインページに登場できない仕組みなのです。
今回から、解説下部に、通販サイトのストリーミングページを文字リンクさせておき、読者の手間暇を省くことに致しました。音楽は、どんなに素晴らしい解説をしたところで、一分間のストリーミングほど多くは語れないものです。ただ、当サイトは著作権問題から隔離させるために、動画やストリーミングを、一切扱っておりません。なので、文字リンクにて、該当ページへのご案内をするのみです。本サイトのコンセプトは、ジャケット写真と、僅かの紹介記事によって、読者にカントリー音楽への興味を持っていただくことを、最大の目的としております。

アルバム Chrystal Sawyer 試聴←CD通販サイト内のストリーミングページ行

◎このCDに関して、旦那フクロウからの訳文による解説が寄せられておりますので、参考までに掲載します。
クリスタル・ソーヤーについて、
このブルーグラスアルバムは2003年6月録音、場所はテネシーのグリーンブライアーで伝説的なバンジョー弾きのスコット・ベスタルによって作られました。スコットと共に、クリスタルは素晴らしいミュージッシャン達と共演しています。
アリソンクラウスとユニオンステーションの元メンバーだったアダム・ステフェイ(マンドリン弾き、現在はブルーグラスバンドのマウンテン・ハートで演奏)もその1人。 その他、このマウンテン・ハートのメンバーが、このアルバムで演奏しています。ラウンダーレコードのレコーディングアーティストも参加しています。クリスタルはリード・ボーカルとハーモニーボーカル双方を担当しています。 クリスタルは故郷のノースカロライナのリバティという町のフィドル・コーブ(ヴァイオリンの入り江という意味か?)という店で毎土曜日歌っているそうです。彼女の歌声は若いときのドリーパートン、エミルーハリス、スザンヌ・コックス、アリソンクラウスなどと比較されます。容姿は若いころのロレッタ・リンを彷彿させるとか。 若いときからトラディショナル・ブルーグラスを歌い、高校のクワイアコーラスで歌っていたそうです。90年代、クリスタルはコックスファミリーの音楽に出会った。デビューアルバムではそうした影響を受けたミュージシャンの歌を選んだ:ビル・モンロー、APカーター、ジミーロジャース、ドリーパートン、ジム&ジェッシーなどなど。 彼女の歌は、ドリーやエミルーなどがすでに歌っているなじみ深い曲ですが、彼女達は自分達のユニークさを出しています。


このHPは個々のCD解説よりも、CD写真を通してカントリー音楽に関心を持っていただき、カントリーミュージックのファンを増やす目的で開設しました。興味を持たれた方は、ネット上のCD販売サイトを訪れて、ストリーミングで曲のサワリを聞いてからCDを購入してください。