CDベビィ通販で、この新作を見つけた時は、懐かしくもあるし、嬉しかった。まだ活躍していてくれたのだ。
デビューCDから5年経ち、Jill King/ジル・キングのパワフルなカントリーが聞けるのは、まことに喜ばしい。
歌のスタイルは、前作と変わらないというのも好感度が高かった。

カントリーミュージックのスタイルも様々なのだけれど、どことなくノスタルジックなサウンドと、
元気いっぱいのお姉さんの歌声というのは、まことにマッチングがよろしくて、私の好みである。

最近の新人女性歌手の歌にも、こういう元気印いっぱいの、叫びたてるような歌い方は沢山見かける。
ところが、このようなノスタルジックサウンドの場合、メロディーラインが美しいという一面が有るのだ。
それゆえに、ジル・キングの歌は激しくはあっても、うるさく感じることなく、心地良く感じるのである。

なお、前作2003年ものは、アマゾンコムからも買えるけれど、今回の2008年アルバム Somebody Newは、
現在のところ、Cdbaby.comからでないと買えません。

アルバムSomebody New試聴←CD通販サイト内のストリーミングページ行



新人歌手Jill Kingの2003年デビュー・アルバム。
このCDと同時にメラニー・キャノンの2004年デビューCDも買いましたけれど、
パワフルな声の良さ・ノリの良さ、どれを取ってもJill Kingが上でしたから、いち早く掲載となりました。
fukuroo3は声の良し悪しで評価が定まるので、ジルの歌声の素晴らしさに拍手喝采を送りました。
明るく楽しいカントリー音楽を、歌手が歌ってくれているというのは、まことに幸せなことです。
弾むような歌を聞くと、カントリーはこうでなくっちゃ!と思うのであります。
全てのカントリーファンが納得できるお薦めの一枚です。
歌の巧さも申し分ありませんし、期待の新人歌手が登場!というところでしょう。

アルバムJillbilly試聴←CD通販サイト内のストリーミングページ行

カントリー歌手、ジル・キングの美貌を眺められる写真がジャケット内部にありましたので掲載しておきます。
この写真を見て、ジルが素晴らしい美女だと思いましたが、
2004年10月17日に阿蘇で開催されたカントリー・ゴールドにソバージュ髪?で登場した、逞しい?女性歌手が
ジル・キングだという・・ううむ・・絶句。何処で変身したのやら、fukuroo3はボーゼンとしてしまいました。

このHPは個々のCD解説よりも、CD写真を通してカントリー音楽に関心を持っていただき、カントリーミュージックのファンを増やす目的で開設しました。興味を持たれた方は、ネット上のCD販売サイトを訪れて、ストリーミングで曲のサワリを聞いてからCDを購入してください。