CDBabyから購入。Phyllis Anastasiは、キャリアの長い歌手です。最初に断り書きをしておきますが、資金のない多くのインディペンド系アーチストはCDRで作っているとCDBabyからの説明が有りました。このunder the coversもまた本来のCDではなく、CDR焼きです。ジャケットは手製プリンタによる12センチ四方の紙が一枚だけです。歌手の顔写真が欲しいところだが、これもまた懐が寂しいのだろうから、やむを得ない。それなりに、ちゃんとジャケットを作ってサンクス・メッセージも書き込まれていますので、良しとしましょう。CDRは耐久性に疑問はあるけれど、現状で買えるのはこういうディスクですから、ここも納得して買いましょう。こういう長ったらしい「言い訳」までして、沢山購入したカントリー女性歌手CDの中から選び、ここに掲載したということは、フィリスの堂々たる歌唱を高く評価したからに他ならない。チープな入れ物からは想像も付かない見事な歌が聞けるアルバムです。

アルバムUnder The Covers試聴←CD通販サイト内のストリーミングページ行

歌の中身のことも、少しは書いておかなくてはなるまい。バックの音楽はギター一丁で歌っている多くのインディペンデント系歌手達とは対極に位置し、録音も良いし堂々たるアルバムに仕上がっています。14&15曲目にはクリスマス・ソングまで入っている。こういう完成された歌手のことを書くのは、申し分ないという事以外に言うべき言葉が見つからない。この推薦記事を見た貴方の耳で試聴してみることをお薦めします。私は気に入りましたが、結局は個人の好き嫌いの範疇になりますので。
このHPは個々のCD解説よりも、CD写真を通してカントリー音楽に関心を持っていただき、カントリーミュージックのファンを増やす目的で開設しました。興味を持たれた方は、ネット上のCD販売サイトを訪れて、ストリーミングで曲のサワリを聞いてからCDを購入してください。