←Country元ページ★Homageページに戻る→ このContents No9は2007年5月2日に制作
ここは一ページ読み切りです
page1/1

2007年になってDolly Partonが昔に発売したLP2枚分をCD一枚に収録したものやリマスターが続々と発売されています。
ここに紹介する2枚のCDはそれらの一部で、オリジナルリマスターレコーディングものです。
そのCDの中に、デビュー間もないドリー・パートンが【故郷凱旋コンサート】をした時の写真が有るので掲載します。


↑二枚のCDのうち、左はLPでも所有している表紙写真で、こちらはオマージュの別ページで紹介済みです。
今回、特筆すべきは右写真であり、Dolly Partonが子供時代を過ごしたローカスト・リッジの【故郷の家】です。
私はこの家の写真が欲しいばかりに、このCDを買い求めたのです。
2005年訪米の時には、ローカスト・リッジを訪問することは出来ず、この地に再建築されているという家は見られなかった。
当時の面影を伝える建物は、ドリー・ウッドに建築されているので、そちらのレプリカは見ることが出来たけれど、
本当は現地の【LOCUST RIDGE】でDolly Partonが見て育ったスモーキーマウンテンの山々と共に見たかった。
この写真右下にある、古い車のホィールなんぞが、そのまま残っていたら、きっと大感激したかもしれない。

2枚のCDを下記の、通販サイトのストリーミングページにリンクしておきます。
左のアルバム【COAT OF MANY COLORS】行←CD通販サイト内のストリーミングページ行
右の アルバム【MY TENNESSEE MOUNTAIN HOME】行←CD通販サイト内のストリーミングページ行

この【Homage to Dolly Parton】というページを制作したきっかけとなったのは、
私のサイト読者である(お〜ドリーさん)という方の存在があります。
そういう熱心なドリー・パートンのファンを思い描いて、そんな方々に喜んでもらえるようにと願って制作したものです。
しかし私は、物集めコレクターではなく、ミュージアム系は無理で、ドリー・パートン関連のものはCDとDVDだけです。
なので今回は2007年発売CDパッケージメディアの写真を体裁良くまとめて、一ページぶんのコンテンツを作りました。
ほとんどの写真は、最初に紹介した【MY TENNESSEE MOUNTAIN HOME】というタイトルのCDからのものです。


↑CDジャケット内の写真で、若き日のDolly Partonを偲ぶことが出来ます。左は当時のサイン入り。
中と右は、故郷の大きな町であり、ドリーが卒業した高校が有るセヴィルビルのコンサート会場ステージの様子。



↑パレードのためにバスやオープンカーが用意され、ブラスバンド付き!オープンカーから手を振るドリー。
いいねぇ〜・・こういうのって、当時の1960年代の町の雰囲気が伝わってきます。



↑こちらの写真は、広いコンサート会場で、故郷凱旋ステージに立って歌うDolly Partonの姿です。
パソコンのない当時だから【WELCOME HOME "DOLLY"】というのも、手書きなのでしょうね。



↑最後の写真はセヴィルビルの街並みが解る写真を大きく掲載。当時の町の看板が面白いです。
オープンカーから振り返って手を振るDolly Partonの後方には、フィルム撮影のスタッフが見えています。
きっと、後日、テレビ放送されたんだろうなぁ〜、アメリカに生まれていたら、ほぼリアルタイムで見られたね。

←Country元ページ★Homageページに戻る→